https://www.mbs.jp/eizou/

奄美人遺骨を追って~昭和初期・人類学の”戦利品”~

「映像」シリーズでは、21年9月放送の「学知と骨」で、人類学者により琉球・沖縄の墓から遺骨が持ち去られた問題を、また22年7月放送の「骨は誰のものか」で、北海道のアイヌ遺骨が同様に持ち去られた問題を伝えた。こうした行為は、鹿児島県の奄美群島でも行われていた。その数は267体、なぜ、これほど大量の遺骨が収集されたのか?

奄美大島に住む元新聞記者の原井一郎さん(72)は、2018年、奄美での遺骨持ち去りの事実を知り、その経緯について調査を始めた。1933年から35年にかけ、島から遺骨を持ち去ったのは、人類学者で京都帝国大学講師の三宅宗悦。日本人のルーツを探るため、日本の「外地」とみなす地域で遺骨を収集し、その特徴を分析するためだった。しかし、島民の意に沿わないかたちで持ち去られた遺骨もあり、現在、これらの遺骨は京都帝国大学を引き継いだ京都大学が収蔵している。原井さんは、奄美の遺骨返還を求める団体を立ち上げ、京都大学に対し遺骨の返還を求めている。しかし、大学側は遺骨の存在自体は認めたが、「詳細は調査中」として返還に応じていない。番組では、遺骨の持ち去り現場を訪ね、90年あまり前に何が起きたのかを記録に残すとともに、奄美の一般島民の遺骨への向き合い方をとおして、人間の死と生のあり方について問いかける。

今週24日木曜日夜、次のような学習会が開催されます。松島泰勝も授業終了後、大阪に参ります。控訴審が9月から開かれていますが、京都地裁と同様、大阪高裁にも多くの方々が傍聴支援をしてくださり、原告団長として大変励まされ、心より感謝申し上げます。12月1日の口頭弁論、今週の学習会にもどうぞお越し下さい!

Kwangsoo Zhung

6日  · 

今日は京大アイヌ民族遺骨返還の為の申し入れ行動と、京大アイヌ民族交流会がありました。

博物館にいくと、帝国大学の頃から一貫して略奪してきた歴史を越境などと名付け誇っているようです。今日も何も回答しませんでした。文科省のガイドラインに沿ってますというが、文科省は各大学は法人なので裁量はそれぞれの大学にあるとしているようです。それならば、自由の学風をうたう京大は率先して、先住民族や他民族から搾取してきた歴史をつまびらかにして謝罪と賠償、先住民族の権利保障をしてください。

現実は立て看板をひっこめさせ、学生の表現の自由と権利を奪い、遺骨返還でも3年で移動させる職員に矢面に立たせて、申入書を受け取りもしない。ブランディングを恥とし、自由の学風の看板を下げよ!

午後は宇佐照代さん達がクスノキ下でメノコイチャルパ、遺骨の供養をされました。

四時からは宇佐さんの教えの下、アイヌ料理教室が開かれ講話と歌踊りをみんなで楽しみました。ありがとうございました。

松島泰勝が定期購読している雑誌、琉球、において琉球民族遺骨返還請求訴訟控訴審に関する報告、意見陳述書、控訴理由書が掲載されています。是非、お読み下さい。

今月下旬から来月1日にかけて、琉球民族の遺骨返還を求めた下記のような、大阪のPLP会館、大阪高裁、キャンパスプラザ京都、京都大学吉田校舎における活動があります。松島泰勝は、京大を被告とする琉球民族遺骨返還請求訴訟の原告団長として、皆様のご参加を心より訴えます。寒い京大総合博物館の中に幽閉されている琉球人遺骨は、暖かい琉球の元の墓に戻りたい!と訴えていると思います。

「琉球先住民の権利保障を」国連委員会が再び勧告、ヘイト対策も 

2022年11月6日 06:40

https://www.facebook.com/v2.5/plugins/share_button.php?app_id=&channel=https%3A%2F%2Fstaticxx.facebook.com%2Fx%2Fconnect%2Fxd_arbiter%2F%3Fversion%3D46%23cb%3Df3fff668bb2ce94%26domain%3Dryukyushimpo.jp%26is_canvas%3Dfalse%26origin%3Dhttps%253A%252F%252Fryukyushimpo.jp%252Ff8ef50b10db08%26relation%3Dparent.parent&container_width=100&href=https%3A%2F%2Fryukyushimpo.jp%2Fnews%2Fentry-1611431.html%3Futm_term%3DAutofeed%26utm_medium%3DSocial%26utm_source%3DTwitter%26fbclid%3DIwAR3ps2RLqfqTdWhOYmpTgVchok4EdcUzj0AJY6b-q3B3FMiZpVBawQbKNn8&layout=button&locale=ja_JP&sdk=joey&size=small

javascript:false

https://platform.twitter.com/widgets/tweet_button.644279d1635fd969e87af94a98bd232b.ja.html#dnt=false&id=twitter-widget-0&lang=ja&original_referer=https%3A%2F%2Fryukyushimpo.jp%2Fnews%2Fentry-1611431.html%3Futm_term%3DAutofeed%26utm_medium%3DSocial%26utm_source%3DTwitter%26fbclid%3DIwAR3ps2RLqfqTdWhOYmpTgVchok4EdcUzj0AJY6b-q3B3FMiZpVBawQbKNn8%23Echobox%3D1667685338&size=m&text=%E3%80%8C%E7%90%89%E7%90%83%E5%85%88%E4%BD%8F%E6%B0%91%E3%81%AE%E6%A8%A9%E5%88%A9%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E3%82%92%E3%80%8D%E5%9B%BD%E9%80%A3%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E3%81%8C%E5%86%8D%E3%81%B3%E5%8B%A7%E5%91%8A%E3%80%81%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%88%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%82%82%E3%80%80%20-%20%E7%90%89%E7%90%83%E6%96%B0%E5%A0%B1%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%EF%BD%9C%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%81%AE%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E9%80%9F%E5%A0%B1%E3%83%BB%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88&time=1668481255491&type=share&url=https%3A%2F%2Fryukyushimpo.jp%2Fnews%2Fentry-1611431.html

mail_share

国連旗

 【東京】国連の自由権規約委員会(B規約人権委員会)は3日、日本の人権状況に関する報告書を公表し、沖縄の人々を先住民族と位置付けて権利を保障するよう勧告した。ヘイトスピーチへの対策なども求めた。

 自由権規約委員会の報告書は「(政府は)琉球先住民族のコミュニティーやその権利を認めず、沖縄の人々が自由で十分な事前の情報に基づいて自身に影響を与える政策に参加できる状況をつくっていない」と懸念を示した。また「抗議やデモに対する過剰な制約や、沖縄で抗議行動をする人たちの不当逮捕があるという報告を受け、懸念している」とも記した。

 ヘイトスピーチについて「中国人、(被差別)部落民、琉球人、特に韓国人や在日コリアン」を対象とするオンライン、オフライン両方での広範な人種差別的言説が続いていることに懸念を示した。ヘイトスピーチを明確に犯罪とすることなどを求めている。

 自由権規約委員会は10月に会議を開き、日本の人権状況について話し合った。会議には、米兵による性暴力被害に遭ったオーストラリア人のキャサリン・ジェーン・フィッシャー氏も出席し、繰り返される米軍関連の事件について報告した。委員会の報告書は、性犯罪を含む女性への暴力を根絶する努力を日本政府に求めた。

 国連人種差別撤廃委員会は2018年、日本政府に対し、沖縄の人々は「先住民族」だとして、その権利を保護するよう勧告していた。
(明真南斗)

昨日、松島泰勝は、与那覇さんから各言語のリーフレットを頂戴しました。ニーファイユー!来年2月、ハワイイに行ったときに、カナカマオリ、琉球人、研究者などに配布して、先住民族遺骨返還のための連帯を促すことができればと思います。来年7月には那覇市内で先住民族遺骨返還に関する国際シンポジウムを予定していますが、その時も配布したいです。

パレード終了後、ハワイ沖縄連合会のジョーンズ会長と、来年2月、ハワイ大学で行われる琉球人遺骨返還に関するシンポについて話し合いました。ハワイの琉球人もこの問題に心を痛めており、返還運動に協力したいと話されました。また松島泰勝は、考古学を専攻するハワイ大学大学院生とも遺骨返還について意見交換しました。

仲村さんによる、琉球の伝統古武道であるサイの型を、国際通りで4回、拝見しました。松島泰勝は、仲村さんと、琉球民族遺骨返還運動をしていますが、その不屈の精神を伝統古武道を通して見ることができ、感動しました。多くの世界の琉球先住民族も、民族のマブイを見ることができたのではないでしょうか。

https://www.facebook.com/100002359644643/videos/504017988286299/

松島泰勝は歩きながら、沿道の方々の表情や反応をみました。私達のグループは、他のグループとは少し異なり、なんだろうと横断幕を読んだ人々が、その趣旨を理解して、同意の意思を示してくれました。1879年に滅亡した琉球国、将来の琉球連邦共和国からの使節団として私達を認識してくれた世界の琉球先住民族もいました。

ブラジルから来られた琉球人と、しまくとぅばについて意見交換し、楽しく交流しました。松島泰勝は、世界の琉球先住民族が、島の言葉につよい愛着を持っており、自らのルーツの拠り所にしていることを、改めて認識しました。

パラオ共和国からこられたJICA研修生と写真を撮りました。松島泰勝も22年前にパラオで働いていたことをつたえ、パラオについてお話しをしました。男性は琉球人系パラオ人でもあり、ご先祖の島とパラオとの類似性を笑顔で話して下さいました。

昨日、松島泰勝(右から二人目のくば傘の人)は、仲間とともに、世界のウチナーンチュ大会の国際通りパレードに参加しました。琉球先住民族としてのパレードの参加は史上初めてではないでしょうか。多くの世界の琉球先住民族が連帯の声援をかけてくださり、立ち止まって意見交換をしました。

在日琉球民族の弁護士、三宅先生が、今、那覇地裁で争っている訴訟の背景、本質的問題点をわかりやすく、力強く報告してくださいました。お父様の俊司先生とともに、県側の問題点を明らかにし、一部情報の公開を実現させることができました。京大訴訟と情報公開訴訟は車の両輪であり、遺骨を墓に戻し、琉球人の尊厳を回復するために不可欠の闘いだと松島泰勝は思います。

ニュージャージー州にお住まいの大山さんとは、10年前に松島泰勝の大学院のオンライン授業にご参加された時に初めてお会いし、アメリカから琉球のさまざまな問題を発信されてきました。今帰仁で生まれ育った大山さんは、京大による琉球人遺骨の盗掘と返還拒否、研究の継続に心から怒っています。京大よ還せ‼️と世界のウチナーンチュも訴えています。京大の研究者には応答責任があります。

イギリスの植民地支配から独立したアイルランドに住む上原さんが、欧州において先住民族の遺骨研究が基本的にできないことを指摘し、他方で日本では琉球人遺骨が返還されず、研究の対象になり続けていることの問題性を批判されました。石垣島生まれの松島泰勝は、ミルク神のお面とともに話される上原さんのアイデンティティの強さを感じました。みーふぁいゆー。

エリックさんは、遺骨を返さない大学や博物館の研究者が、自分も、人間であることに気づくような交渉、対話の重要性を指摘されました。来年2月、松島泰勝はハワイにいき、ハワイと琉球の先住民族と、島への遺骨返還の具体的な方法、協力関係について話し合う予定です。

深沢一夫

2時間  · 

22日土曜日15時から、中野区産業振興センターです。大阪大学の池田光穂さん(文化人類学)の講演。京都大学はなぜ遺骨返還を頑なに拒むのか?人類学研究の立場から、植民地主義の根深さを学びます。

Tamagusiku Tuyosi

10月7日 14:52  · 

2022.10.07 琉球新報、沖縄タイムス

 沖縄県教育委員会がニライ・カナイぬ会が行った、情報公開訴訟で 

金関丈夫京都帝大助教授が違法に持ち出したご遺骨63体の研究に関する情報を黒塗りで開示したが、

 県教育委員会は4回目の裁判で開示すると言ってきた。

不開示にしたことは違法である事に気が付いたからだろう。

不開示にした理由は、開示するとニライ・カナイぬ会が研究の妨害懸念と研究阻止の訴訟を起こすかもしれないという事だった。

 妨害の懸念が予想されるという憶測に基づいた曖昧な理由で具体的でなく、国民の訴訟を起こす権利を奪う行為だ。

何が何でもご遺骨を研究材料にしたい県教育委員会の思惑が見え見えだ。

 安易に情報を不開示にする事と、訴訟を起こさせないように行政が住民の権利をはく奪する行為の違法性を明白にする追及も今後行う。

 訴訟が起こされて後から撤回しても法律を確定せずに不開示にした不法は正当化できない。

住民の権利を奪う行為は絶対にしてはいけない。 

相応な責めを負うべきである。

今月29日、琉球の浦添とzoomで、「ちゃーなとーが!?世界の琉球先住民族が考える遺骨問題」のシンポを行います。会場では、英文字幕付きDVD「骨を還せ、魂を還せ」も販売します。松島泰勝も在日琉球民族として発言します。琉球民族遺骨盗骨問題を世界のウチナーンチュとともに考えたいです。

Tamagusiku Tuyosi

9月29日 18:14  · 

京都帝国大学の金関丈夫助教授が琉球から盗んでいたご遺骨63体が

 2019年3月、巡り巡って台湾大学から沖縄県教育委員会に移管されました。

 遺骨関係の公文書が黒塗りで出されました。

情報開示を求めて裁判を起こしております。

来たる10月6日には第4回口頭弁論が開廷されます。

 第3回までの口頭弁論では県側は杜撰な答弁書を提出し、何の進展も見られませんでした。

 県は頑ななにご遺骨を研究材料(物)にすると方針を変えておりません。

 ご遺骨を研究材料にさせない、先祖の尊厳、私たちの尊厳、子供たち子孫の尊厳を守り ヤマトゥの理不尽な押し付けを撥ね返す大事な戦いです。

 沖縄県教育委員会の中央に忖度する精神を変えさせ、琉球人のための教育委員会に改革させる戦いを勝ち抜かなければ琉球の将来を担う高邁な精神を持つ若者を育てる事は出来ません。

これからも戦いに皆様の支援が大変重要になっております。

おい忙しい中と思いますが、是非ともご参加をお願い致します。

 ゆたさるぐとぅうにげーさびら。

琉球民族遺骨返還請求訴訟を支える関東の会の與儀さんが、控訴審でも遺骨返還を求めて引き続きともに闘うとアピールしてくださり、松島泰勝も力を得ました!関東の支える会のメンバーは約百人であり、パンフの作成、傍聴支援、京大や日本人類学会への抗議活動、学習会の開催、合宿参加、カンパ集めなど、大変力強く活動をしてくださいました。

【時間】午後1時~午後3時【場所】龍谷大学深草学舎22号館B101 【発言】木村二三夫   宇佐 照代   出原 昌志    松島 泰勝  たまぐしく毅  亀谷正子 崎浜盛喜、仲村涼子

司会:山内小夜子

【主催】先住民族アイヌの声実現!実行委員会

日本人類学会のアイヌ遺骨研究を考える会

先住民族アイヌのいまを考える会

琉球遺骨返還請求訴訟全国連絡会

ニライ・カナイぬ会

アイヌ民族の木村さんがお話しの前に儀礼をされました。アイヌ民族に対する差別の歴史を踏まえた、遺骨を返せと強い怒りの言葉が松島泰勝の心を打ちました。アイヌ民族とともに先祖の遺骨を返還していきたいです。

三枚の横断幕を広げて、一人ひとりがアピールしました。京都四条烏丸に日本人類学会批判の声が響きました。対話に応じていれば、このような事態にはならなかったでしょう。学会大会がこのような抗議を受けて始まるのは、尋常ではありません。

午後、龍谷大学深草校舎で日本人類学会を批判し、遺骨返還を求める集会を開きました。司会は山内さんがしてくださいました。2019年に日本人類学会が琉球人遺骨を返還せず、研究を求め要望書を送付した時、琉球側は8つの抗議文を送付しましたが、未だに無視されたままです。対話にさえ応じない同学会のあり方は、学問の探究に反する、政治的な行為だと松島泰勝は考えています。

日本人類学会大会の会場前で、横断幕を広げて、アイヌ民族、琉球民族、そして支援者の皆さんが、関連のチラシ、パンフを配布しました。ハンドマイクで出原さんをはじめに参加者が強く遺骨返還を求めました。同学会の会員が、一人の人間として、なぜアイヌ民族や琉球民族が遺骨返還をここまで求めているのかを自分の頭で考えてほしいと松島泰勝は思いました。

Naoko Makita

9月13日 17:28  · 

琉球遺骨返還請求訴訟

原告のみなさんが京大正門前で「京大よ対話をしよう」

対話を求めるアピール行動をされています。

沖縄から高齢のご遺族が来られても門前払い、ずっと一度も姿をあらわさない京都大学。

日本軍「慰安婦」被害女性たちが、何度も何十回となく国会前に首相官邸前に来られても、絶対に会わなかった、隠れて姿を表さない日本政府と同じです。謝らない、逃げ隠れするのは、新たに重ねる暴力だと、あらためて強く思います。

学生と人文研の藤原辰史さん、原告の方々への謝罪も込めたアビール、どれほどこのお話が響いたことか。

●琉球遺骨返還訴訟

14日10:30〜

大阪高裁202号法廷。

報告集会・大阪弁護士会館920

夜は、龍谷大学響都ホールにおいて、控訴審前集会を開きました。金城さんも琉球から来られ、机を叩きながら、京大や沖縄県教育委員会を強く批判しました。他の原告、弁護団、支援者も、会場やzoomを通じて控訴審にむけた思い、報告、決意をして下さいました。松島泰勝も皆さまの控訴審支援を心よりお願い申し上げます!

京大教員の藤原さんが、京大構成員として本問題に対する謝罪と思いを話してくださいました。藤原さんたちが、遺骨盗掘問題に関する連続学習会を開催し、松島泰勝も報告し、議論に参加し、多くのことを学びました。抗議集会では京大の学生も謝罪と思いを話して下さいました。

琉球から、命どぅ宝!琉球の自己決定権の会から本村さんがアピールされました。同会は、これまで集会の開催、合宿開催の支援、署名活動、沖縄県教育委員会との交渉、沖縄県立埋蔵文化財センターでの慰霊祭挙行など、様々な支援をしてくださいました。松島泰勝は原告団長として心よりお礼申し上げます。

関東の訴訟を支える会の方々も抗議集会に参加し、力強くアピールして下さいました。與儀さんは、昨日発行の沖縄タイムスに本訴訟に関する論考を寄稿されました。その中で今日の大阪高裁での控訴審口頭弁論への傍聴支援を呼びかけてくださいました。皆さまも9時半には裁判所にお越し下さい。弁論後は、弁護士会館で報告集会も開催されます。