新著『琉球奪われた骨―遺骨に刻まれた植民地主義―』

Screen Shot 2018-10-18 at 2.54.38 PM

新著『琉球奪われた骨―遺骨に刻まれた植民地主義―』(岩波書店)

松島 泰勝

「一九二〇年代、京都帝国大学助教授の金関丈夫がりゅう求人遺骨を盗掘し、現在も、京都大学に二六体分、台湾大学に六三体分の遺骨が保管されている。本書は、帝国日本に奪われた琉球人遺骨の苦難をたどることで、日本の大学や博物館の「学知による植民地主義」を歴史的に検証し、現在も再生産される差別と偏見、支配と暴力の構造を明らかにする。そして、アイヌ、台湾原住民族ほか、世界の先住民族の場合とも比較しながら、民俗の自己決定権行使としての遺骨返還運動の意義を論じる。」

岩波書店 amazon

百按司墓慰霊祭、調査活動、同村の方々との交流会

1月12日に今帰仁村で、命どぅ宝!琉球の自己決定権の会主催による、百按司墓慰霊祭、同村の方々との交流会、調査活動を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今帰仁村グスク案内ガイドの皆さんと、命どぅ宝!琉球の自己決定権の会との意見交換会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ペルー3世の伊芸さんは歌手であり、バスの中で皆で琉球の唄を歌いました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今帰仁歴史文化センターの石野館長が、今帰仁の歴史と文化について説明して下さいました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
百按司墓での慰霊祭に皆で行きました。
0
琉球民族の慣習に基づいてお供え物を捧げました。
0-1
命どぅ宝!琉球の自己決定権の会のTシャツを皆でつけて参加しました。
0-2
手を合わせた後、ウチカビ(ニライカナイでの琉球民族のお金)を燃やしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
キャプシ今回の百按司墓慰霊祭には琉球朝日放送の取材班が入りました。後日、特番が放送される予定です。琉球新報、沖縄タイムスの記者の方々も取材して下さいました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
第一尚氏の子孫である亀谷さんが琉球諸語で願いの言葉を唱えて下さいました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「命どぅ宝」の会の幟です。遺骨返還は琉球民族の自己決定権行使として行われています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ペルー3世伊芸さん、徳森さんを中心にして参加者で唄を歌い、遺骨返還を訴えました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
伊芸さんの唄はyoutubeでも聞くことができます。今帰仁運天で、徳森さんがyoutube用に撮影していました。

 

12.4.2018 琉球遺骨返還請求訴訟 記者会見&決起集会